広背筋は背中から組織を回してくるので、バストが流れたような背中と続いたデザインに。脇は癒着しているにでブラジャーには納まらない

 

99120512_2647247742230867_8276069299815186432_n

温存の方にもすすめられたり、
切り取る範囲も小さそうで、

一見、
お腹の脂肪を切り取る再建手術よりも、
楽なのか?と感じてしまう
広背筋による乳房再建。

まずお腹の脂肪を使った再建手術として、
現代ポピュラーな、
血管ごと一度切り取ってから、
血管を胸元の血管と結び、
移植をする手術とはことなり、

広背筋は背中の脂肪ではなく、
筋肉ごとの組織を、
血管を切らず、繋げたまま
くるりと向きを変えて
胸に移植をする手術。

そのため、
お相撲さんのような
また女性もノンワイヤーブラジャーが習慣化している方は
なってしまうのですが、バストが脇に流れたような
背中と続いた
デザインになってしまいます。

わたしが見せていただいた方も、
脇になかったはずのお肉が
ぽこっと盛られ、
いつも何かを挟んでいる感じと
表現されていました。

なぜならこのお肉は
手で寄せてワイヤーブラジャーカップの中に
納めることはできません。

 

癒着をしているからです。

軟度のある脂肪と違う筋肉と言えども、
やはり乳腺もクーパー靭帯もないので
突出度と立体感はつくれず、
平たいデザインになります。
あと、この手術をそされた方のほぼ皆さんが、
いえ、皆さんが
背中の痛みは、何年たっても続いている。
それによりできないことが
いろいろとあるとのことです。 

直接お会いしてお話しを聞いた方は、
常に背中を庇っているとのことでした。

また筋肉なので、動作に合わせピクピクと動く。
グンと上がってしまうことがあるとのことです。

 

痛いのは神経を切らずに、
背中の組織を移動させたからなのですが、
その神経なくしては、筋肉が衰えて、
バストが小さく萎んでしまうのです。

わたしが直接お会いした方ではありませんが、
このブログを拝見すると、
わたしがお会いした方々と同じことを
おっしゃっていると思いました。
https://ameblo.jp/nontanlovechan/entry-12396130540.html

 

またわたしはバストに特化したエステサロンの企業に、
ブラジャーをつくり卸している関係から、

身体、体型を整えることにおいて、
筋膜の癒着がないこと、
身体に圧迫がなく血流が正しく流れていることが
何よりも基本であり、
それにより、お食事の栄養が身体に行き渡り、
身体はつくられるとという理論に則って実施されている
施術や指導を受けたお客様のお身体は、
みるみる美しく整われていくのを拝見させていただいてきました。

なので、個人的に
再建手術の癒着や圧迫や血流のことなど、
気になる次第です。

その身体は、
経験した方でないとわからないことだらけだと思います。

つまり、担当医師にとって、
与えらてた条件の中で
つくることがことが役割で、

自身で良く調べて、
考えて
想像して!!
価値観と擦り合わせて
いかなければならないと思います。

ではどうしたらいいの?👇
着用する乳房再建の情報を知ってください

 

後悔しないために
情報収集をして選択していって下さい。
必要な方に届けるために
わかりやすくするために
現実的な言葉を選んでます。
ご了承くださいませ。